銀行カードローンの過剰融資の根本的な問題

日本弁護士連合会が提起した銀行カードローンの過剰融資問題はどうやら銀行の自主規制ということで決着する可能性が高くなってきました。銀行側としては金融庁からの法的規制を受けることを恐れていたフシがあるので、やれやれと思っていると感じられます。

貸金業法の改正によって消費者金融の貸付に制限が設けられたのに、銀行法は改正されず銀行の貸付には制限が設けられなかったことの責任を金融庁も取らなくて済んだということになるかもしれません。

この決着は消費者金融の方にもメリットがあるのです。銀行カードローンでは実際に審査や信用保証を行っているのは個人向けの融資のノウハウを持っている銀行傘下の消費者金融のであることがほとんどで、保証もしていますから銀行カードローンが焦げ付いたとしても銀行は損失をかぶることはありませんし、傘下の消費者金融も銀行から多額の手数料がはいるので焦げ付き分の保証をしてもプラスの方が遥かに多いのです。

銀行カードローンと消費者金融カードローンは一見すると競争関係にあるように思えますが、一部ではズブズブの関係でもあるのです。このような問題をどうにかしないで自主規制だけで問題解決のなるのでしょうか疑問が残ります。