銀行カードローンの過剰融資の根本的な問題

日本弁護士連合会が提起した銀行カードローンの過剰融資問題はどうやら銀行の自主規制ということで決着する可能性が高くなってきました。銀行側としては金融庁からの法的規制を受けることを恐れていたフシがあるので、やれやれと思っていると感じられます。

貸金業法の改正によって消費者金融の貸付に制限が設けられたのに、銀行法は改正されず銀行の貸付には制限が設けられなかったことの責任を金融庁も取らなくて済んだということになるかもしれません。

この決着は消費者金融の方にもメリットがあるのです。銀行カードローンでは実際に審査や信用保証を行っているのは個人向けの融資のノウハウを持っている銀行傘下の消費者金融のであることがほとんどで、保証もしていますから銀行カードローンが焦げ付いたとしても銀行は損失をかぶることはありませんし、傘下の消費者金融も銀行から多額の手数料がはいるので焦げ付き分の保証をしてもプラスの方が遥かに多いのです。

銀行カードローンと消費者金融カードローンは一見すると競争関係にあるように思えますが、一部ではズブズブの関係でもあるのです。このような問題をどうにかしないで自主規制だけで問題解決のなるのでしょうか疑問が残ります。

銀行にはない消費者金融系キャッシングの魅力

私は、まず銀行を融資の受けられる金融機関として考えています。私と同じように考えている方はきっと多いはずだと思っています。銀行からお金を借りる場合、金利が低く安心感が大きいので、借りることができれば幸いだと思います。誰でも自由に銀行からお金を借りることができれば良いと思うのですが、現実はそう簡単ではありません。

あなたが常勤の従業員として働いていて、他に大きな借金などがない場合や、お金のことで問題を抱えていないのであれば、銀行はあなたにお金を貸してくれると思います。一方、銀行からの借り入れが難しいと判断されてしまうひと達も残念ながらいます。借金などのお金の問題を抱えていなくても、あなたが不規則な雇用環境で働いている場合は特にそうです。

これは、非正規の従業員に資金を貸してくれる金融機関がないことを意味するものではありません。例えば、消費者金融の場合では不規則な雇用環境で働いているアルバイトやパートタイムの主婦に対しても、資金を貸してくれることもあります。消費者金融の金利は銀行の金利よりわずかに高いですが、銀行にはない無利息のキャッシングなどのサービスがあります。

そのため、使用方法によっては銀行より安く借りることができます。キャッシングの利用を考える際には消費者金融のキャッシングについて考えてみるのも良いと思います。

おまとめローンの利用時はここに注意する

通常のキャッシングと比べて審査が厳しいですが、利用することが出来ればメリットがあるおまとめローンですが、一般的におまとめローンのメリットの一つとされている月々の返済額を減額できるというものは実はデメリットになる可能性が高いことを理解しておかなければなりません。月々の返済額が減額されることは返済に困っていた人にとってはメリットに感じることが多いでしょう。しかし、月々の返済額の減額は返済の長期化につながりますから、総返済額のアップが考えられます。もちろん、おまとめローンの利用で金利が低くなることも考えられますから、月々の返済額が減額が小さいならば総返済額も減るかもしれません。実際には返済シュミレーションなどで確認する必要はありますが、実際には総返済額がアップしていることが多いと考えられます。

おまとめローンの最大のメリットは金利が下がることです。金利が下がれば、おまとめローンの利用前と同じ水準で返済額を設定すれば総返済額は大きく減額されるはずです。もし、おまとめローンの利用前よりも高レベルでの返済を続ければもっと大きな総返済額の減額が期待できます。おまとめローンのメリットを活用するためには月々の返済額に注意を払いましょう。

即日で融資が実行されない時がある

消費者金融のCM、最短で30分で融資完了って書かれていますよね。これなら当日行っても即日で借りれるって思っていませんか。実は消費者金融に申し込んでも即日で審査結果が出ないことがあります。

原因は2つあり、一つ目の原因は繁忙期に申し込んだときです。

基本的にボーナス前や夏休み中は繁忙期とされています。夏のボーナスが出る前の7月~8月前半は夏休みで旅行などの予定が入っている事が多く、かつボーナス支払い前で財布は心細いため、非常に多くの人たちが申し込みを行います。つまり、hnnbouki にあたるわけで、審査部門は普段の4倍も5倍も仕事をしなくてはいけません。

2つめは土日祝日に申し込んだときです。

キャッシングに申し込む人たちは土日、祝日に集中しているため、数は平日の何倍も処理しなければいけません。

以上の2点の原因から、繁忙期の土日、祝日に申し込むとかなり待たされるどころか、即日で審査結果が出なくなることがあります。

そうならないためには先に申し込んでおく事が重要です。