カードローンには種類があることを知っておきたい

カードローンを申込むために、貸金業者のサイトを訪れて比較していると、カードローンには種類があることに気が付くでしょう。消費者金融と信販会社が行っているカードローンには、総量規制に伴う借入額制限があり、年収の1/3を超える貸付が出来ないことが明記されています。一方、銀行カードローンならば、総量規制対象外となるので、審査次第では年収の1/3を超える利用限度額が設定される可能性があるわけです。

初めてのカードローン申し込みならば、どちらの金融商品を選んでも借り入れが可能ですが、既に借入金額が増えている状況ならば、銀行カードローンへ申込むしか無い状況の人も少なくありません。なるべく余裕を持って借り入れを行なうためには、貸金業法に基づく貸付を行っている信販会社と消費者金融からの借入額を少なくし、銀行カードローンからの借り入れを多くすれば良いわけです。

消費者金融の審査は柔軟性があるとされているので、銀行カードローンからの借入額が多少増えても総量規制に抵触しなければ新たな借り入れが出来る可能性があります。カードローンを選ぶ際には、銀行カードローンを最優先として、後から消費者金融のカードローンを申込むと総量規制による影響を最小限に抑えられるでしょう。

おまとめローンをもっとも効果的に活用するには

複数の金融機関に複数の債務を持っている人にとってはおまとめローンには大きなメリットがあります。もちろん、おまとめローンの利用には審査に通る必要があります。おまとめローンのメリットとしては債務の管理を簡素化できることと金利を低くできることが考えられます。よく月々の返済額を減らすことができると書いていることがありますが、月々の返済額を減らしてしまってはおまとめローンのメリットをフルに活かすことができなくなることを考えなければなりません。

おまとめローンのもっとも大きなメリットは金利を低くできることですから、低くなった金利を利用して短期間で返済してしまえば総返済額はかなり減少させることができます。それに反しておまとめローンを利用しても月々の返済額を大きく減らしてしまうと利息ばかりがかさんでしまうことになりかねません。

おまとめローンを利用できる機会こそが債務の完済のチャンスと考えて短期間で返済することを考えるべきです。債務を減らすためには借り入れ元本を早く減らすことが必須条件です。少ない返済では借り入れ元本を減らすことができないので、利息ばかりがかさんでしまうことになるのです。短期間で返済することこそ債務返済の王道です。

銀行カードローンの過剰融資の根本的な問題

日本弁護士連合会が提起した銀行カードローンの過剰融資問題はどうやら銀行の自主規制ということで決着する可能性が高くなってきました。銀行側としては金融庁からの法的規制を受けることを恐れていたフシがあるので、やれやれと思っていると感じられます。

貸金業法の改正によって消費者金融の貸付に制限が設けられたのに、銀行法は改正されず銀行の貸付には制限が設けられなかったことの責任を金融庁も取らなくて済んだということになるかもしれません。

この決着は消費者金融の方にもメリットがあるのです。銀行カードローンでは実際に審査や信用保証を行っているのは個人向けの融資のノウハウを持っている銀行傘下の消費者金融のであることがほとんどで、保証もしていますから銀行カードローンが焦げ付いたとしても銀行は損失をかぶることはありませんし、傘下の消費者金融も銀行から多額の手数料がはいるので焦げ付き分の保証をしてもプラスの方が遥かに多いのです。

銀行カードローンと消費者金融カードローンは一見すると競争関係にあるように思えますが、一部ではズブズブの関係でもあるのです。このような問題をどうにかしないで自主規制だけで問題解決のなるのでしょうか疑問が残ります。

銀行にはない消費者金融系キャッシングの魅力

私は、まず銀行を融資の受けられる金融機関として考えています。私と同じように考えている方はきっと多いはずだと思っています。銀行からお金を借りる場合、金利が低く安心感が大きいので、借りることができれば幸いだと思います。誰でも自由に銀行からお金を借りることができれば良いと思うのですが、現実はそう簡単ではありません。

あなたが常勤の従業員として働いていて、他に大きな借金などがない場合や、お金のことで問題を抱えていないのであれば、銀行はあなたにお金を貸してくれると思います。一方、銀行からの借り入れが難しいと判断されてしまうひと達も残念ながらいます。借金などのお金の問題を抱えていなくても、あなたが不規則な雇用環境で働いている場合は特にそうです。

これは、非正規の従業員に資金を貸してくれる金融機関がないことを意味するものではありません。例えば、消費者金融の場合では不規則な雇用環境で働いているアルバイトやパートタイムの主婦に対しても、資金を貸してくれることもあります。消費者金融の金利は銀行の金利よりわずかに高いですが、銀行にはない無利息のキャッシングなどのサービスがあります。

そのため、使用方法によっては銀行より安く借りることができます。キャッシングの利用を考える際には消費者金融のキャッシングについて考えてみるのも良いと思います。

学生でもキャッシングはできるの?

大学生になりますと交友関係が広がったり、必要なものが増えてきますのでお金に悩んでいる方も多いのではないでようか。キャッシングを利用してみたいと考えたことがある方もいるはずです。しかし、学生でもキャッシングができるのか悩んでいる方もいるのではないでようか。20歳以上で、安定した収入がある方なら学生でも問題なくキャッシングに申し込むことが可能です。キャッシングは確かに便利に利用をすることができますが、必ず利用をした分だけ返済をする必要があります。

キャッシングを利用したことが親に知られてしまっては、心配をかけてしまうことになりますので必ず自分が返済できる範囲で利用をすることが大切です。キャッシングの利用をした際に、親や学校に知られるのは不安だと感じている学生の方も多いのではないでしょうか。そういった場合は、大手消費者金融の自動契約機を利用することがおすすめです。ネットを利用することで契約が可能ですので、急にお金が必要になった時に利用をしてみましょう。学生でもキャッシングは可能ですし、誰にも知られずにお金を借りることはできます。便利に使える反面、リスクもありますのでキャッシングを利用した後のことを考えて利用をしましょう。

おまとめローンの利用時はここに注意する

通常のキャッシングと比べて審査が厳しいですが、利用することが出来ればメリットがあるおまとめローンですが、一般的におまとめローンのメリットの一つとされている月々の返済額を減額できるというものは実はデメリットになる可能性が高いことを理解しておかなければなりません。月々の返済額が減額されることは返済に困っていた人にとってはメリットに感じることが多いでしょう。しかし、月々の返済額の減額は返済の長期化につながりますから、総返済額のアップが考えられます。もちろん、おまとめローンの利用で金利が低くなることも考えられますから、月々の返済額が減額が小さいならば総返済額も減るかもしれません。実際には返済シュミレーションなどで確認する必要はありますが、実際には総返済額がアップしていることが多いと考えられます。

おまとめローンの最大のメリットは金利が下がることです。金利が下がれば、おまとめローンの利用前と同じ水準で返済額を設定すれば総返済額は大きく減額されるはずです。もし、おまとめローンの利用前よりも高レベルでの返済を続ければもっと大きな総返済額の減額が期待できます。おまとめローンのメリットを活用するためには月々の返済額に注意を払いましょう。

即日で融資が実行されない時がある

消費者金融のCM、最短で30分で融資完了って書かれていますよね。これなら当日行っても即日で借りれるって思っていませんか。実は消費者金融に申し込んでも即日で審査結果が出ないことがあります。

原因は2つあり、一つ目の原因は繁忙期に申し込んだときです。

基本的にボーナス前や夏休み中は繁忙期とされています。夏のボーナスが出る前の7月~8月前半は夏休みで旅行などの予定が入っている事が多く、かつボーナス支払い前で財布は心細いため、非常に多くの人たちが申し込みを行います。つまり、hnnbouki にあたるわけで、審査部門は普段の4倍も5倍も仕事をしなくてはいけません。

2つめは土日祝日に申し込んだときです。

キャッシングに申し込む人たちは土日、祝日に集中しているため、数は平日の何倍も処理しなければいけません。

以上の2点の原因から、繁忙期の土日、祝日に申し込むとかなり待たされるどころか、即日で審査結果が出なくなることがあります。

そうならないためには先に申し込んでおく事が重要です。

キャッシングの返済計画のポイントは

キャッシングでお金を借りること自体はそんなに悪いことではないでしょう。問題となることは返済ができるのか、ということです。利息を少しでも減らすためにはしっかりと返済計画を立てて、少しでも早く完済してしまうことです。

一日単位で見れば金利は本当に大したことはないです。一月単位でもそこまで重い負担とは思わないことでしょう。例えば10万円を年利18%で借りたとしても一月で1500円程度なのです。もちろん、元本は減らしていくことになりますから、どんどん利息は減っていくことになります。

10万円を一気に用意する必要があるときには色々と金策に悩んでいるくらいであれば借りたほうが手っ取り早く、またそこまでの負担がないといえるでしょう。それはよいのですがそれでもずっと借りているわけにもいかないですし、それは無駄に利息を支払っていくことになりますから、やはり早く払うことがベストなのです。これを随時返済といいます。

約定返済というのは基本的にやる返済方法であり、それとは別の返済こそが随時返済になります。返済のポイントはまさにこの随時返済をどのようにやっていくのか、ということになります。そこを意識しておきましょう。

即日融資が謳い文句の消費者金融

消費者金融でお金を借りる事は簡単な事です。審査が厳しくない消費者金融はたくさんありますし、申し込みから融資までを1日で行える消費者金融もある位です。銀行などにローンを申し込むと審査に数日間かかりますし、審査も消費者金融と違って厳しいのです。

その為、審査の結果合が出るころにはお金が必要でなくなる事も良く聞く話です。消費者金融でお金を借りる時には利息が付きますが、短い期間で返済が可能であればそれほど負担にはならないでしょう。返済期間が長ければ長いほど債務者の負担が増える事になりますので、気を付ける事が必要です。

消費者金融のメリットは、審査が緩く、即日融資をしてくれるところだと思います。お金が必要になる事は前もってわかっている場合もありますが、急にお金が必要になる時も多々あるのです。そんな時には消費者金融に申し込みに行き、即日に融資をしてもらうと良いでしょう。即日融資が出来るのは消費者金融だけではないでしょうか。

消費者金融は庶民の味方で、お金がない時には利用するメリットが大きいのです。社会人になると冠婚葬祭など、急にお金が必要になる場面が多いと思いますが、そんな時には消費者金融を利用する事をお勧めします。今晩お金が必要なときでも、即日融資をしてもらえますので大変心強いです。

無利息キャッシングを上手に利用しよう

カードローンには、一定期間利息を払わずにお金を借りることができる、無利息期間があるカードローンがあります。

有名な無利息カードローンとして、プロミスやレイク、アコムがあります。

無利息キャッシングといえば、TVCMなどで知名度もあり、安心して利用できるカードローンといえます。

ただし、これらの無利息カードローンを利用する時は、キャッシング会社によって無利息期間の始まりが違うので確認しておくことが必要です。

プロミスでは契約完了後の初回借入から無利息期間が始まります。

しかし、レイクやアコムでは初回借入日は関係なく、契約完了の翌日から無利息期間が始まります。

確認不足でせっかくの無利息期間を無駄にしないよう注意してください。

これらの無利息カードローンは初回利用の場合に限るので、上手に利用することが大切といえます。

利息を支払う事無くお金を借りるためには、きちんとした返済の目処がある場合の急な出費や短期間だけお金を借りたい時に利用することをお勧めします。